東電、実質国有化で再建=10%値上げ、原発再稼働を明記―総合計画を政府認定 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

2012-05-09

Newsweekjapan

東電、実質国有化で再建=10%値上げ、原発再稼働を明記―総合計画を政府認定
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
東電は政府管理の下、原子力損害賠償支援機構から迎える下河辺和彦次期会長と、常務から昇格する広瀬直己次期社長との新体制で経営改革を推進。電気料金の値上げや原発再稼働に取り組む。これらの施策には批判も強いため、計画の実行は難航が見込まれる。
東電総合特別事業計画が認定電気新聞
政府が東電総合計画を認定で国有化へ、家庭10%値上げも明記Newsweekjapan
政府が東電の総合特別事業計画を認定、2分の1超の議決権取得へ世界日報 (会員登録)

all 20 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業