東電、避難住民と争う姿勢 原発訴訟で地裁口頭弁論 – 日本経済新聞

2012-05-23

東電、避難住民と争う姿勢 原発訴訟で地裁口頭弁論
日本経済新聞
原告側によると、原発事故で避難した住民の集団訴訟で弁論が開かれるのは初めて。 原告らは20~80代の男女で、福島市や仙台市などに避難している。 東電側は「政府の原子力損害賠償紛争審査会が公表した中間指針に基づいて賠償を進めており、原告の主張する精神的損害への
原発損賠訴訟:東電、請求棄却求める 第1回口頭弁論毎日新聞

all 2 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業