東電、1兆円出資受け入れへ…支援機構と詰め – 読売新聞

2012-01-26

東電、1兆円出資受け入れへ…支援機構と詰め
読売新聞
東京電力が、政府の原子力損害賠償支援機構による1兆円の出資案を受け入れる方向になった。 福島第一原子力発電所の事故で廃炉などの費用がかさむため、増資で財務の悪化に歯止めをかける考えだ。議決権比率など詳細の詰めを急ぎ、今年3月にまとめる総合特別事業計画に
東電の実質国有化5~10年 政府が想定、異例の長期に朝日新聞

all 2 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業