東電、4年で経営改善 収支計画の全容が判明 原発再稼働が前提 – MSN産経ニュース

2012-03-03

東電、4年で経営改善 収支計画の全容が判明 原発再稼働が前提
MSN産経ニュース
東京電力と政府の原子力損害賠償支援機構による東電の収支計画の全容が2日、判明した。停止中の柏崎刈羽原発(新潟県)を順次稼働させて経費を圧縮することで、平成28年3月期には自己資本も震災前の水準に回復するなど、計画実施から4年で経営改善を達成する。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業