東電、13年度の採用見送り 経営合理化を加速 – 日本経済新聞

2012-02-16

東電、13年度の採用見送り 経営合理化を加速
日本経済新聞
例年、新規採用と中途採用を合わせ1100人程度を採用していたが、2年連続ゼロ採用とすることで約2200人の人員削減を進める。残りの削減対象は営業部門や間接部門が中心になる見通し。 東電は約3千人の社員が福島第1原子力発電所事故の損害賠償業務に従事している。
東電、2013年度も新規採用見送り 2年連続でSankeiBiz

all 9 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業