東電「事業計画実現に不退転の覚悟」公的管理化入りを発表 – 日本経済新聞

2012-07-31

東電「事業計画実現に不退転の覚悟」公的管理化入りを発表
日本経済新聞
東京電力は31日、同社が発行する優先株式を原子力損害賠償支援機構が引き受け、総額1兆円の払い込みを受けたと発表した。今回の株式引き受けにより原子力損賠機構は議決権の50.11%をにぎり、東電は実質公的管理化におかれる。「今後、グループの総力をあげて、

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業