東電と国 争う姿勢…原発集団訴訟 2014年05月14日 – 読売新聞

2014-05-14

東電と国 争う姿勢…原発集団訴訟 2014年05月14日
読売新聞
東京電力福島第一原発事故で精神的な苦痛を受けたとして、県内に避難した被災者ら62世帯227人が東電と国を相手取り、計24億9700万円(1人当たり1100万円)の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、山形地裁(石垣陽介裁判長)であった。東電、国の …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業