東電の損害賠償、評価の難しさと高まる避難住民の不満 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

2012-04-04

NHK

東電の損害賠償、評価の難しさと高まる避難住民の不満
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
【南相馬】日本政府と東京電力は、昨年3月11日の福島第1原発事故で生命や日常生活を奪われた170万人の被害者に対して、いかにして、どの程度の賠償を行うべきか苦慮している。 東電は、避難費用や生活費、逸失所得などの補償に関する25万件の賠償請求に対して、既に4911億
東電の新たな賠償など受け入れ 4月4日 17時37分NHK

all 2 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業