東電は「一時国有化」ではなく「経営破綻」であると識者指摘 – NEWSポストセブン

2012-05-21

東電は「一時国有化」ではなく「経営破綻」であると識者指摘
NEWSポストセブン
原子力損害賠償支援機構と東京電力が国の1兆円出資を柱とする東電の総合特別事業計画を決めた。機構と東電が発表した計画は、1兆円出資による総議決権の2分の1超の議決権取得について「一時的公的管理」という言葉を使っている。 機構と東電の言い分をそのまま認めると
東電の新経営陣しんぶん赤旗

all 2 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業