東電への資本注入、政府に最大75%の議決権 – 日本経済新聞

2012-05-21

東電への資本注入、政府に最大75%の議決権
日本経済新聞
通常の株式とは権利の内容などが異なる2種類の株式を合計で約20億株、金額換算で1兆円分を発行。すべて政府の原子力損害賠償支援機構が引き受ける。原賠機構は東電の経営改革の進捗状況に応じ、東電の議決権を最大で75%握ることが可能になる。 近く東電が発表する。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業