東電への賠償訴訟増加…解決センターに失望背景 – livedoor

2013-03-08

読売新聞

東電への賠償訴訟増加…解決センターに失望背景
livedoor
原発事故の被害救済については、迅速で公正な賠償を目的に2011年9月、被災者が、国の「原子力損害賠償紛争解決センター」に東電との和解の仲介を申し立てる仕組み(ADR)がスタートした。しかし、審理に平均8か月かかっていることや、個別の事情を酌んだ賠償になり
東電へ賠償請求、浪江町が支援条例案読売新聞

all 2 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業