東電事業計画:政府が2分の1超議決権比率を取得-公的資本注入で – ブルームバーグ

2012-05-09

Newsweekjapan

東電事業計画:政府が2分の1超議決権比率を取得-公的資本注入で
ブルームバーグ
5月10日(ブルームバーグ): 原子力損害賠償支援機構は9日夕、政府から承認を受けた東京電力再建のための特別事業計画を公表した。それによると、支援機構は東電の債務超過を回避するため1兆円の公的資本を注入。2分の1超の議決権を取得して同社を公的管理下に置い
東電総合計画「14年3月期に黒字」日本経済新聞
下河辺氏“スピード感持って” 5月10日 0時51分NHK
社説:東電事業計画 国も責任果たす覚悟を毎日新聞

all 15 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業