[東電事業計画] 国も重い責任を負った – 南日本新聞

2012-05-01

Newsweekjapan

[東電事業計画] 国も重い責任を負った
南日本新聞
東京電力と原子力損害賠償支援機構は、新会長人事の難航などで作成が遅れていた「総合特別事業計画」をようやく枝野幸男経済産業相に提出した。 事業計画では、東電の今後10年間の経営改革の道筋を示した。政府は5月上旬にも計画を認定し、機構経由で1兆円の公的資金
【主張】 東電事業計画 原発再稼働で負担減らせMSN産経ニュース
東電事業計画 公的資金の重み自覚を(4月30日)北海道新聞
東電「実質国有化」へ 誰のための救済なのか中国新聞
FNN –読売新聞 –日本経済新聞
all 94 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業