東電会長、賠償請求権で新制度必要 福島原発事故の被害者救済 – SankeiBiz

2012-11-29

東電会長、賠償請求権で新制度必要 福島原発事故の被害者救済
SankeiBiz
事故から1年8カ月が経過したものの、東電による賠償作業が長期化しているためだ。損害賠償の請求権は3年で消滅すると民法で定められており、政府も賠償の時効対策を迫られる公算が大きい。 精神的被害に対する賠償や休業補償などが進んだ結果、東電が年内に支払う
賠償請求権の延長を要求 下河辺和彦・東電会長、被害者の不安解消MSN産経ニュース

all 5 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業