東電会長人事迷走、最後の選択肢 – 日本経済新聞

2012-05-07

東電会長人事迷走、最後の選択肢
日本経済新聞
東京電力の勝俣恒久会長の後任に、弁護士で原子力損害賠償支援機構の運営委員長を務める下河辺和彦氏を起用する見通しになった。複数の民間経営者のOBが候補に浮上したが、いずれも民主党政権への不信感から内々の打診を固辞。関西電力大飯原子力発電所の再稼働問題を

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業