東電原発集団訴訟、避難男性が意見陳述 「当たり前」奪われた – 埼玉新聞

2015-02-18

東電原発集団訴訟、避難男性が意見陳述 「当たり前」奪われた
埼玉新聞
東京電力福島第1原発事故で避難生活を余儀なくされ、福島から県内に避難してきた被災者13世帯46人が国と東電を相手取り、慰謝料など計約5億8千万円の損害賠償を求めた集団訴訟の第4回弁論が18日、さいたま地裁(脇由紀裁判長)で開かれた。 意見陳述で、避難 …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業