東電実質国有化 体制の一新が絶対条件だ – 琉球新報

2011-12-11

東電実質国有化 体制の一新が絶対条件だ
琉球新報
政府が設立した原子力損害賠償支援機構が東京電力の株式の大部分を保有することで、東電を実質的に国有化する財務基盤強化策が浮上している。公的資金による資本注入と取引金融機関の追加融資により、2013年3月期から4年間で3兆円を調達するという。福島第1原発
東電火力売却 電力の安定供給が大前提だ(12月10日付・読売社説)読売新聞

all 2 news articles »

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業