東電支援に「国のサポート必要」 生保協会長が見解 – 日本経済新聞

2012-02-18

東電支援に「国のサポート必要」 生保協会長が見解
日本経済新聞
追加融資の可否は「原子力発電所の再稼働や電気料金の引き上げなど、将来の収支計画がどうなるかをみてから判断したい」と述べた。 原子力損害賠償支援機構と東電は3月末までに、福島第1原子力発電所の事故賠償を巡る政府支援を柱とする総合特別事業計画をまとめる。
「再稼働など示されない限り判断できず」TBS News
生保協会会長「東電融資は財務見て」SankeiBiz

all 9 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業