東電特別事業計画:議決権、政府3分の2に 当初51%、改革停滞なら増加 – 毎日新聞

2012-03-23

NHK

東電特別事業計画:議決権、政府3分の2に 当初51%、改革停滞なら増加
毎日新聞
東京電力と政府の原子力損害賠償支援機構が月内の策定を目指す総合特別事業計画の全容が22日分かった。最大の焦点だった政府が掌握する議決権比率は、一定の条件で3分の2以上を確保できることを明記。政府が東電を実質国有化し、経営権をほぼ掌握することで、組織再編
政府 東電議決権3分の2保有へNHK
東電が逆行高、実質国有化が伝えられるサーチナニュース

all 5 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業