東電賠償で独自弁護団結成=避難先で説明会など開催―福島・双葉 – 朝日新聞

2011-12-26

東電賠償で独自弁護団結成=避難先で説明会など開催―福島・双葉
朝日新聞
弁護士に東電との交渉を依頼する町民には、町が弁護費用として1万円を補助する。 弁護団長には、福島県の荒木貢弁護士と埼玉県の海老原夕美弁護士が就任。北海道、群馬、新潟、東京、神奈川などの弁護士約20人も参加した。町民は現在、41都道府県に避難している。

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業