東電賠償訴訟:地震学者尋問へ 結審は来年7月に延期 – 毎日新聞

2015-10-17

東電賠償訴訟:地震学者尋問へ 結審は来年7月に延期
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故による避難者らが国と東電に損害賠償を求めている集団訴訟は16日、前橋地裁(原道子裁判長)で東大地震研究所の佐竹健治教授(地震学)の証人尋問をすることが決定した。結審は当初予定の来年2月から7月に延期する見込みとなった。
持病抱え「どんな気持ちで避難したか」 原発事故避難者ら集団訴訟東京新聞

all 5 news articles »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業