東電 「独善」変わらず 甘い合理化 議決権抵抗 再稼働に固執 – 東京新聞

2012-03-11

東電 「独善」変わらず 甘い合理化 議決権抵抗 再稼働に固執
東京新聞
東京電力は、政府の「原子力損害賠償支援機構」から福島第一原発事故の賠償のため公的資金を受け、事実上、公的管理されている。西沢俊夫社長は、「親身な賠償と徹底した合理化を進める」などと殊勝な発言が多いが、事故後、一年たっても競争のない地域独占企業の独善的な

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業