森村誠一氏 戦時中小説を読んでいたら非国民扱いされたと述懐 – NEWSポストセブン

2015-08-12

森村誠一氏 戦時中小説を読んでいたら非国民扱いされたと述懐
NEWSポストセブン
現在は猛暑で知られる埼玉北部に位置する熊谷市には、当時、軍需工場に部品を納める工場が点在しており、近隣には陸軍の飛行場もあった。両親と3人 … いつ空襲があっても避難できるように、ビスケットや着替えなどを入れたリュックを布団の傍に置いておきました。外行きの …

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業