次期東電社長、脱原発をけん制 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

2012-05-09

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

次期東電社長、脱原発をけん制
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
次期会長の下河辺和彦・原子力損害賠償支援機構運営委員長は、14日に前期の決算とともに、新経営陣を発表すると明らかにした。新取締役の過半数は外部から入ると予想されている。 下河辺氏は、広瀬氏の起用は7日に決めたとし、新しい東電をつくるというビジョンに向けて
新潟県知事“まず事故の責任を” 5月9日 17時27分NHK

all 6 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業