「虐殺なかった」に危機感各地市民団体 – 民団新聞

2013-06-12

「虐殺なかった」に危機感各地市民団体
民団新聞
1923年の関東大震災時に引き起こされた同胞らへの蛮行から間もなく90年を迎える。虐殺の舞台となった東京、神奈川、埼玉、千葉では、市民が、学習会や講演会、映画会、フィールドワークなどを通じ、次代への記憶の継承に努めようとしている。民団は9月1日の祭祀を節目の

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業