気象データを防災活用 産官学、研究会発足へ 2014年08月07日 – 読売新聞

2014-08-07

気象データを防災活用 産官学、研究会発足へ 2014年08月07日
読売新聞
群馬、埼玉両県の12市町の122か所で気象データを集め、きめ細かな防災情報の発信を目指す。 研究会は、同社や自治体の担当者、防衛大、群馬大の気象専門家らで構成し、8日に初会合を開く。自治体からは前橋、伊勢崎、桐生、太田、館林の5市と大泉、邑楽、千代田、 …

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業