津波想定、実践的に 1万人が防災 – 茨城新聞

2013-11-10

津波想定、実践的に 1万人が防災
茨城新聞
ができた」と語った。 笠間市でも震度6強の地震を想定。埼玉県防災ヘリによる災害派遣医療チーム(DMAT)の投入や県立中央病院でトリアージ(傷病者選別)などが行われたほか、避難行動要支援者を避難所から福祉施設に搬送、笠間稲荷神社の観光客を避難誘導した。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業