津波訴訟審理 「予見可能性」めぐり対立 – 河北新報

2014-09-11

津波訴訟審理 「予見可能性」めぐり対立
河北新報
東日本大震災の津波による犠牲者の遺族らが地方自治体や企業などに損害賠償を求めた訴訟が仙台高裁と仙台、盛岡両地裁で審理されている。震災発生から11日で3年半。既に和解が成立したケースもあるが、多くは津波到達を予測できたかという「予見可能性」などを …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業