浪江町のADR 救済の原点を忘れるな – 中日新聞

2016-02-05

福島民報

浪江町のADR 救済の原点を忘れるな
中日新聞
原発に近い浪江町は五年前の原発事故で全町避難を強いられた。各地に離散して避難生活を送る町民の声を聴き、町は二〇一三年五月、町民一万五千人の代理人となり、国の「原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)」に対し、一人に月十万円が支払われる精神的慰謝 …
第7部 ADR・訴訟 地域事情(42) 先例準じた解決を 伊達富成 和解案示されず焦燥福島民報

all 2 news articles »

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業