浪江町遺族会に初の和解案提示 原子力紛争解決センター – 福島民報

2013-04-04

浪江町遺族会に初の和解案提示 原子力紛争解決センター
福島民報
東京電力福島第一原発事故の影響で救助・捜索活動が遅れて精神的な苦痛を受けたとして、東電に慰謝料の支払いを求めている東日本大震災浪江町遺族会に対し、和解仲介を担う政府の原子力損害賠償紛争解決センターは3日、初めて和解案を提示した。同日の第2回口頭
東日本大震災:福島第1原発事故 原発ADR、浪江の遺族会に沿う和解案 死亡1人ごと最大60万円 /福島毎日新聞
原発事故で捜索遅れ、犠牲者遺族に和解案読売新聞
遺族側訴え採用/原発ADR朝日新聞

all 4 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業