浪江ADRアンケート 8割「交渉継続を」 – 河北新報

2016-02-01

浪江ADRアンケート 8割「交渉継続を」
河北新報
東京電力福島第1原発事故に伴い福島県浪江町の住民1万5788人が慰謝料の増額を求めた和解仲介手続き(ADR)で、東電が和解案の受け入れを拒否していることを踏まえ、町が行ったアンケートに答えた町民の8割が交渉の継続を求めていることが分かった。町と弁護団は …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業