消去法難産の新会長 仙谷手法に財界反発 – 東京新聞

2012-04-20

消去法難産の新会長 仙谷手法に財界反発
東京新聞
東京電力の経営トップとなる新しい会長に、政府の「原子力損害賠償支援機構」の運営委員長で、弁護士の下河辺(しもこうべ)和彦氏(64)の就任が決まった。民主党の仙谷由人政調会長代行が主導した人選は、複数の民間企業経営者に断られた末の消去法だ。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業