溶融燃料、仏と共同開発 取り出し法開発に反映 JAEA – 福島民報

2015-05-08

溶融燃料、仏と共同開発 取り出し法開発に反映 JAEA
福島民報
JAEAによると、フランスの原子力・代替エネルギー庁は1990年代、炉心溶融したチェルノブイリ原発事故の状況把握のため、溶融燃料の落下実験を行った。 … 廃炉作業の具体的な技術対策を示す原子力損害賠償・廃炉等支援機構の「廃炉戦略プラン」にも反映させる。

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業