災害公営住宅、建設地で応募偏り 福島、若松定数割れも – 福島民報

2014-05-21

災害公営住宅、建設地で応募偏り 福島、若松定数割れも
福島民報
県は19日、東京電力福島第一原発事故に伴う災害公営住宅の第一期分入居申し込みの第2回中間状況(15日時点)を発表した。申し込みの全体倍率は1.4倍だが、建設地によって倍率に大きな偏りが出ている。郡山、いわき両市は人気が高く、最高で4.6 … さらに、昨年12月に文部科学省の原子力損害賠償

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業