災害協定:小矢部市と埼玉・嵐山町、義仲公の縁で /富山 – 毎日新聞

2013-11-02

災害協定:小矢部市と埼玉・嵐山町、義仲公の縁で /富山
毎日新聞
平安時代末期の武将、木曽義仲と縁の深い小矢部市と埼玉県嵐山(らんざん)町が、東日本大震災を教訓に、物資の融通や避難者の受け入れなどを盛り込んだ災害時相互応援協定を結んだ。同町は義仲の生誕地とされており、同市は「火牛の計」で平氏を破った倶利伽羅峠が 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業