特攻訓練場だった福島第1原発 「国策」の果ての事故現場 「忘れられた過去」の痕跡 – 47NEWS

2015-03-05

47NEWS

特攻訓練場だった福島第1原発 「国策」の果ての事故現場 「忘れられた過去」の痕跡
47NEWS
原発事故後、双葉町から埼玉県加須市に避難する 吉田 (よしだ) フミさん(91)は、飛行場で働いていたこともある当時を知る数少ない一人だ。 日中戦争が始まり、国内でも戦争の暗雲が垂れ込めていた1940年、陸軍が飛行場の建設を決める。農家は移転させられ、勤労奉仕 …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業