男に求刑通り懲役8年 地裁若松判決 – 福島民報

2014-05-27

男に求刑通り懲役8年 地裁若松判決
福島民報
東京電力福島第一原発事故の損害賠償制度を悪用して東電から賠償金をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた会津若松市宮町、会社役員鈴木治夫被告(46)の判決公判は26日、地裁会津若松支部で開かれた。渡辺和義裁判官は求刑通り懲役8年の判決を言い渡した。
東電の賠償金詐欺 男に懲役8年の実刑判決(福島県)日テレNEWS24

all 5 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業