相模トラフ地震:発生確率見直し 首都でM7、備え促す 規模・震源、不確実性も反映 – 毎日新聞

2014-04-26

相模トラフ地震:発生確率見直し 首都でM7、備え促す 規模・震源、不確実性も反映
毎日新聞
首都圏でも立川断層帯(東京、埼玉)や三浦半島断層群(神奈川)などでM7級が想定されるが、過去数百年間に発生した記録がなく、今回の長期評価には個別の断層の活動は反映されていない。 次に陸とフィリピン海プレートの境界(深さ20〜50キロ)で起きる海溝型地震(<B>)がある。境界部はプレートが

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業