県と東電58億円で合意 大野病院の原発事故財物賠償 – 福島民報

2015-08-19

県と東電58億円で合意 大野病院の原発事故財物賠償
福島民報
政調会で県が明らかにした。 今月中に東電から支払われる見通しで、収益的収入に計上し、県立病院施設整備基金に積み立てる方針。 県はこれまで、東電から診療休止による損害賠償として平成23年3月から27年2月分までの約19億4000万円の支払いを受けている。

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業