県内避難者、不安抱え新たな道 – 福井新聞

2013-09-11

県内避難者、不安抱え新たな道
福井新聞
東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から11日で2年半。福島県から県内に避難する人でつくる「FFF(ふふふ)の 生活再建の鍵を握る損害賠償請求について先月、慰謝料や避難費用の部分で、東電と和解したことを発表した。事故から2年超、交渉開始から1年近く。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業