県内避難者146人 定住支援や心のケア課題 – 日本海新聞

2016-03-02

日本海新聞

県内避難者146人 定住支援や心のケア課題
日本海新聞
2012~13年のピーク時(最大88世帯205人)に比べ減少傾向にあるものの、依然として岩手、宮城、福島の被災3県を中心に避難者は多い。他地域から「2次避難」「3次避難」してきたり、千葉、埼玉、東京など首都圏から新たに自主避難してきたりする人もいる。 受け入れ …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業