県外避難者への情報支援 一方通行の情報提供ではなく住民の自発的なつながりをサポート – ハフィントンポスト

2013-11-04

県外避難者への情報支援 一方通行の情報提供ではなく住民の自発的なつながりをサポート
ハフィントンポスト
震災から3年近く経過し、いよいよ避難者が生活を決めつつあることが分かる。 住民の方々の適切な判断を促すためには、行政と住民間のコミュニケーションが重要だ。県外避難者に対しての支援では、浪江町が先行している。復興支援員を千葉、山形、新潟、埼玉、京都の5府県 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業