県漁連が要望書 浄化地下水海洋放出 第三者監視など条件 – 福島民報

2015-08-12

日刊アメーバニュース

県漁連が要望書 浄化地下水海洋放出 第三者監視など条件
福島民報
③本県漁業者に対する原子力損害賠償法に基づく措置や、排水後の風評に伴う魚価低迷などで起こり得る漁業者・水産業者への損害賠償は、本県の漁業者が試験操業を行うために不可欠であることを認識し、本格操業移行後も原発事故被害の続く限り堅持していくこと。
福島第1の「サブドレン」 福島県漁連が正式容認 国と東電に放射性物質の基準値厳守など要望産経ニュース
福島県漁連、汚染水の海洋放出で要望書提出 国と東電に日本経済新聞

all 24 news articles »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業