県警や県が被災地へ職員を派遣 – 東京新聞

2016-04-19

県警や県が被災地へ職員を派遣
東京新聞
酒井和彦大隊長は「被災者には、避難所や車の中で過ごしている人も多い。積極的に声を掛け、防犯活動への注意も呼びかけたい」と話した。 県のDPATは、 … さいたま市も十九日から、保健師ら三人を派遣。現地で健康相談や健康チェック、避難場所の衛生チェックを行う。

and more »

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業