社説:東電会長内定 経営体質の刷新を急げ – 毎日新聞

2012-04-20

社説:東電会長内定 経営体質の刷新を急げ
毎日新聞
東京電力の新会長に、原発事故の賠償資金を東電に支援する原子力損害賠償支援機構の下河辺和彦・運営委員長(弁護士)が内定した。 財界人に固辞された末の苦肉の人事といえるが、これで、東電再建を目指す総合特別事業計画をまとめられることになる。再建には、原発事故

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業