福島から避難、苦難の生活訴え 損賠訴訟で意見陳述 – 日本経済新聞

2014-08-20

福島から避難、苦難の生活訴え 損賠訴訟で意見陳述
日本経済新聞
東京電力福島第1原発事故後、福島県から山形県に避難した住民やその家族62世帯227人が国や東電に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が19日、山形地裁(石垣陽介裁判長)であり、原告が意見陳述で家族が離れ離れの生活を強いられる苦しみを訴えた。 自営業湯野川 …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業