福島の旧避難準備区域住民、国と東電を損賠提訴 – 日本経済新聞

2015-02-09

47NEWS

福島の旧避難準備区域住民、国と東電を損賠提訴
日本経済新聞
東京電力福島第1原子力発電所事故で自然豊かな地域での生活を奪われたとして、福島県田村市都路地区の旧緊急時避難準備区域の住民105世帯339人が9日、国と東電に対し、1人当たり1100万円の慰謝料など総額約37億3千万円の損害賠償を求め、福島地裁郡山支部に提訴した。 訴状によると、原発
福島、旧避難区域住民が集団提訴 国、東電に37億円賠償求め千葉日報

all 15 news articles »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業