福島・南相馬市小高区の住民が抱く不安と希望を取材しました。 – FNN

2012-06-01

福島・南相馬市小高区の住民が抱く不安と希望を取材しました。
FNN
センターの看護師長を務める飯崎悦子さんは、3人の子どもを連れて埼玉避難したが、この春、南相馬に戻って、職場復帰した。 飯崎さんは「(南相馬市に帰った理由)最終決断は、自分自身の仕事ですかね。子どもたちに関しては、このまま普通に体育とか水泳とかやらせてあげ

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業