福島・双葉町、あすで集団移転1年 「仮の町」住民と温度差 – 日本経済新聞

2012-03-29

福島・双葉町、あすで集団移転1年 「仮の町」住民と温度差
日本経済新聞
東京電力福島第1原子力発電所が立地する福島県双葉町が埼玉県加須市の旧県立騎西高校に役場ごと集団移転してから、30日で1年を迎える。今後も帰還のめどは立たず、ともに避難した町民は減少傾向。町は長期拠点として「仮の町」を設ける構想を打ち出したが、自力での生活

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業