福島・双葉町民の避難生活描く 埼玉・加須で上映 – 朝日新聞

2013-01-16

福島・双葉町民の避難生活描く 埼玉・加須で上映
朝日新聞
東京電力の福島第一原発事故の影響で、長期間にわたって避難生活を余儀なくされた福島県双葉町の住民たち。加須市の旧騎西高校に移った人々の暮らしぶりや、無人になった町の様子を舩橋淳監督が9カ月間写し続けたドキュメンタリー映画「フタバから遠く離れて」が27日、
東日本大震災:双葉町民の避難生活追ったドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」 福島で26日、県内初の劇場公開 /福島毎日新聞

all 2 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業